2021年12月1日水曜日

徒然


 最近読んでる漫画の感想とか、思ったことを、つらつらと。


【 そもそも最近何読んでるん? 】

 もうジャンプ本誌は買うのをやめてしまっていて、その他の定期刊行の漫画誌も買っていない身でありながら、そもそも最近、何読んでるんだ。という話。
 
 基本的には、ジャンプラで配信されてるものがメイン。
 月曜はスパイファミリーとゴダイゴとキン肉マン デビザコ DBダイ大
 火曜はダンダダンと姫様
 水曜は魔法少女のやつ
 木曜はろくブル
 金曜は相撲とトリコ
 土曜はベランダに猫が来た

 みたいな。
 あれ……これまとめると、普通にジャンプ本誌分の本数だな。
 読み切りも優秀な作品多くて、ジャンプラは結構いい。

 ただ、スパイファミリーには苦言を呈したい。
 家族物でメインキャラの成長譚を主軸にした話なのに、早急な任務の達成が必要という要らん設定が足かせになってしまって、話が散らかり始めたばかりか、あろうことか本格バトルモノにチェンジしてしまって、どうしようもなくなってきた。
 そもそも早期達成の任務であるなら、黄昏が学園内で掃除夫に変装できたり屋上からアーニャにサイン送れたりと普通に潜入できているのだから、デズモンドが親子会開くときに、特待生の親に成りすませばいいだけの話で、疑似家族を形成する必要がないわけで。数年がかりで達成するべき任務くらいのほうが、落ち着いて物語を進められたろうに。
 もう本編はいいから、ハイスクールに進学したアーニャとダミアンとビル君の三人がお国のためにキックアスするスピンオフやろう。

 ほかには、まぁいろいろと。
 
 新九郎、奔る!
 逃げ上手
 BUNGO
 くま
 航宙軍士官
 魔道具師ダリヤ
 ナイツマ
 目覚めたら最強装備と宇宙船モチ
 よくわからないけれど
 シャングリラフロンティア
 第七王子だったので気ままに魔法を極めます
 幼女戦記
 自称悪役令嬢
 ぼっち自衛官
 パリピ孔明
 サンボル
 F91 プリクエル
 領民0人
 野球で戦争
 新米オッサン冒険者
 チートな鍛冶屋さん
 Dジェネ
 スキップとローファー
 
 

 こんなかん……え、構読んでるな……。
 新米オッサンの人は、ジャンプで打ち切りの憂き目にあったスーパーヒーロー漫画のレディジャスティスの作者さんで、なんか読んでて「よかったなぁ……」て感じがすごいする。絵はうまいけど漫画が下手の代表格みたいな人だったんだけど、最新話あたりでは、もうなんの不安もない(オッサン連載初期も、正直、ヤバかった)。続いたことで、漫画が上達してきててよい。
 あとは一番この中で楽しんでるのは、やっぱり『魔道具師ダリヤはうつむかない』じゃろなぁ。原作読んでないけど、水虫の話で正味3巻分持たせるの純粋にしゅごい。というか、この異常なまでの美麗作画でなければやっていはいけない話だわな。これ石川賢とか三浦健太郎もしくは池上遼一が描いたら地獄のような話になってたはず。
 第七王子とシャンフロもホント好き。第七王子は純粋にコミカライズの極地感あるし、シャンフロは、豪運主人公が動物に懐かれるというありがちな描写を、オンラインゲームのユニークシナリオと被せたの上手いなぁと思う。
 Dジェネとぼっち自衛官は、そのうち打ち切りやろなぁって感じして、どうにもならん。Dジェネはダンジョンものなのにダンジョンに潜らないのが致命的な間違いというか、いや、そこが面白いんやけどって話なんだけどさぁ。あえて掛け違えたボタンをどのようにして正常な位置に戻していくんだろう、というのが気になる。そして、そこまで連載をまっていてもらえるのか。
 あとぼっち自衛官は、単純に絵の強弱がつけられてないせいもあって、画面が扁平になってしまってるのが、もったいない感じある。そのせいで物語の進み方があまりにも淡々としてしまっていて、ワクワクしないんだよなぁ……。単行本でうさ耳ベルちゃんの乳首解禁とか、そんなんされてもな……二巻が待ち遠しいわけではない。待ち遠しいわけではないが、二巻発売までにはなんとしても人気作になっていてほしい。別にベルの乳首がどうのこうのというわけではなく、純粋に漫画として楽しみにしています!
 自称悪役令嬢は、どの自称悪役令嬢かという問題が常に付きまとうけど、アルファポリスのやつね(ぉ

 あとはまぁボチボチ。他に機会があったら。
 気が向いたら、漫画のレビューとかもしますかねぇ。